これがFX〜投資の種類〜

投資信託、外貨預金

投資信託とは、投資の専門家が一般投資家から資金を募って“ファンド”と呼ばれる基金を作り、株式市場などで運用し、利益が出た場合には利益が分配される、という仕組みのものです。

 

多くの投資家から資金を集めるため、個人では運用できないような金額が動きます。

 

近年、ダイナミックで効率的な投資方法としても人気が高い。

 

自分で株を買うのは怖いけど運用はしてみたい、という方にはおすすめの商品だと思います。

 

外貨預金について

 

日本の場合には、郵便局や銀行にお金を預ける場合の「お金」は円になりますね。

 

これに対し、外貨預金の場合は、日本円以外の外国の通貨での預金という形をとっています。

 

低金利の日本円以外の通貨で預金を行い、高金利を目指す、という性質のものです。

 

しかし、レートの変動によって元金割れするリスクもあるので注意が必要となります。


 
HOME FXについて 株式(国内株・外国株) 債権(個人向け・国債) 投資信託、外貨預金 自分に合った投資選び